秋晴れ。

101練習風景

冷え込んだ朝に比べると昼間は相当暑くなりました。今日は中目小と東根小の選手が授業参観でいませんでしたが、それでも選手は来てくれたほうだと思います。

 

そんな中、一部の選手と個人面談。これからどんな選手に成長していきたいか、そのためにはどうしたらいいか。進んで話してくれる選手もいれば聞き込んで語ってくれる選手もいました。みんな自分の理想があります。その理想に近づくためにはやはり練習、そこに到達したらまた次の理想や目標が生まれます。その繰り返しです。その繰り返しをどれだけ短いスパンで達成できるか、高い目標を立てて長い道のりを辿るより、小さい目標を立ててコツコツとクリアしていく、そういう設定の仕方を身につけて欲しいです。

 

実はセカンドを守りたい

 

そう話してくれた選手もいます。当然ですが野球は試合に出れるのは9人です。外野は3人、投手も捕手を除いた内野は4人、この枠を競うわけです。守りたいなら試合で守ってみろ、幸いにもペガサスは競争原理が働くチーム。簡単に試合には出れません。守らせてみようかな、と練習で思わせてください。アピールです。

 

2年生からセカンドのポジションを奪える4年生、奪われて奪い返そうと争う2年生、こういう個々の争いがチーム力を高めます。

 

そういうペガサスになって欲しいです。

 

面談はまだまだ続きます。

 

羽ばたけ、ペガサス!

プロ野球選手の指導。
3年生以下の練習。