信じる。

101雑感

以前からこのブログでも私が大好きな、大好きだった野球選手、石井琢朗さんのことを書いています。今は広島カープの内野守備走塁コーチです。この前もサイン会に行ってしまいましたが、今夜もまたちょっとお会いできる場がありました。

 

今のペガサスの選手にも大好きな選手、憧れの選手っていると思う。石井琢朗は私にとってそういう存在です。ただひとつ違うこと。それは自分が野球を諦めてから好きになった存在なんです。

 

みんなと同じ小学生だったり中学生になってからも、もちろん野球は大好きだったけど、誰か特別に大好きだった選手っていませんでした。大洋ホエールズという、今はDeNAベイスターズ、そのチームを応援している子どもでした。お気に入りの選手もいたけど、特別に好きな選手もいなかった。

 

今こうやってペガサスの選手達と接していて、プロ野球選手で誰が好きとかって話を聞くけど、その気持ちを大切にしてください。そしてその選手のマネをすること。キャッチングにしてもバッティングにしても、こうなりたいと信じること、その信じる気持ちが大切なんだと思います。信じれば野球選手になれるのか。うん、もちろん、それは違う話。でも、今のプロ野球選手たちだってみーんなボールも握ったことがない、グローブをはめたことがない、バットも振ったことがない。そこからスタートしてるんです。信じてみる価値はあるんじゃないかな。

 

そんなクリスマス間近の夜。今日はペガサスの帽子を差し出してサインとメッセージをお願いしました。だから今日はいつもの締めの言葉は無しです!
image

新生ラーメン会。
練習納め。