攻撃面。

101試合結果

打撃のほうは、、、。相変わらず湿っていますね。結果はライトゴロになってしまったけど外野へのヒット性の当たりがコウタロウとソラのマイナーコンビというのは寂しすぎる。上級生の奮起に期待します。2点のビハインドから追いつけたことは評価します。特に2点目。ツーアウトから下位打線で繋いで同点に追いつきました。でも欲しいのは先制点。試合を楽に進めるためにも先手を取りたい。そういうわけで、

1、イチゴ
2、ジュンセイ
3、ナオキ
4、ユウタロウ

この並び、横尾監督にしてみれば超攻撃的なオーダーを組んだはず。自覚を持ってバットを振り続けてください。君たちが得点を作り出さないとペガサスはなかなか上にはいけません。昨日はこの4人での安打がジュンセイ1本。イチゴの同点に追いついたのも記録としてはタイムリーヒットだけどもっと綺麗なヒットを見せてください!

あとは走塁。

まだ全力疾走しきれてない選手、塁上で不安そうな選手がいます。いつも言っているように不安なら怖いことがあるなら聞いてきなさい。それを解消しないと先に進めない。堂々としていることは相手にとってもプレッシャーになる。そのためにもやるべきことを叩き込まないと。ランナーに出てサインを見るときも肘を曲げずにピシッと手をあげる。サインが分かったらがっしりヘルメットのツバを掴む。素早くリードしたらピッチャーを睨む。これも攻撃です。

やらなきゃいけないことをしっかりやる。
やらなきゃいけないことが分からないならしっかり質問する。
分かったら覚える。行動に移す。

それができないようでは試合には出れなくなる。当たり前のことができる選手が試合に出れます。

昨日のスタメン組もうかうかしていられません。ベンチで応援してくれている選手は君たちのポジションを狙ってるんだからね。

羽ばたけ、ペガサス!

開幕戦。
悪い癖。