守り。

101雑感

守備のほうは失点が2、サドンデスの2回でも与えた点が1、締めることができました。イチゴのファーストは合格ですね。テルのお父さんも試合後に褒めてくれましたがランナー3塁の場面でのピッチャーゴロでファーストでひとつアウトを取ってからホームでアウトに。あのプレーは大きかった。

野球ではよくセンターラインが重要と言いますが、少年野球の場合ファーストってすごく重要だと思います。野手が良いプレーをしても送球が取れなくてはアウトにならない。そしてファーストにとってのストライクボールだけを取れるのでは価値はなく、多少の悪送球でも全部取ってあげる姿勢。そういう意味ではオリオンズのファーストも上手でした。ファーストの安定感がチームの勢いを呼びます。

あとはランナー1、3塁の牽制でユウタロウが動けたこと。あそこでアウトひとつ取れたのも大きい。練習でいじめたもんね、俺(笑
あれがちょっとは生きたのかなと思うと嬉しいです。

分かったと思うけどエラーが減れば失点は減ります。そのために練習をするし私たちは厳しいことを言う。でもあの試合みたいに、結果を試合で示してくれればみんな笑顔だし、何よりも選手みんなの自信に繋がります。

イチゴのプレーだったり、
テルがきっちりフライを取ったり、
牽制がそれた時のソラのカバーだったり、

強いチームはできて当然のこと。ペガサスの場合はまだ褒められる部類のこと。この差は大きいけれど、誰がどこのポジションに入ってもそういうプレーができるようになって欲しい。ただナイスプレーという感想で終わるのではなく、自分の身に置き換えて考えてみよう。控えの選手も自分が守りたいポジションの選手が何をしているのか研究してみよう。

まだまだ強くなれます。

羽ばたけ、ペガサス!

天気予報。
今週は。