エイターズ戦。

1012015試合結果A

日曜日は新人戦決勝の前にリーグ戦もありました。エイターズ戦です。こちらは完封負け。リーグ戦はこれで7勝3敗です。貯金5と貯金4、ひとつだけの差ですが、その差がなんか大きく感じるのは私だけでしょうか。

エース(ユウタロウ)がいない、サード(コウタロウ)がいない、ショート(ナオキ)がいない、大砲(ツゲ)がいない、ペガサスにとって確かにこれは痛い。いや、ペガサスだけじゃない。このポジションのレギュラーがいなけりゃ、そりゃー、どのチームも痛い。でもそこをどう戦うか。例えばこの4人が揃った時に控えに回っている選手たちが何を感じ、何を目標にしているかだと思うのです。

誰かを実力で押しやってやるという気持ち、それに対して抜かされてたまるかと努力する姿勢

ペガサスのウィークポイントはチーム内のそういう競争が少ないところです。順番を待っていれば確かに誰だって6年生になれば試合に出れるでしょう。それがペガサスの良さであるかもしれない。でもはたしてそれでいいのだろうか。こういう風にみんなに聞けば、きっとみんな、

『よくない』

って答えると思います。よくないと本心で思うのであれば、控えに甘んじている選手はもっと真剣に考えてみましょう。だって控え組が今よりもほんのちょっと努力すれば、追い抜ける選手だらけだよ、今のスタメンは。

と、ここからは何日かに分けて書きましょう。

羽ばたけ、ペガサス!

銀河杯の結果。
残念。