秋マイナー。

101雑感

マイナーチームの秋トーナメントはいよいよ明日が1回戦。対戦相手はヤングホークスさん。今年はヤングホークスさんとはAチームが敗戦、5年生以下のチームはコールド勝ちです。マイナーの結果は如何に。

さて、そんなマイナー戦士10名と先週約束したこと。それは、

『はい!』

と大きな声で返事をすることです。

野球の上手さより、その返事がしっかりできる選手から試合に出していく、人数がたくさんいればそれくらいの覚悟でいます。ペガサスに携わるようになって3年目。やはりチームとしての元気の無さという課題がなかなか解消されません。大げさな言い方をしてしまえばそれが歴史の壁なのかなと思っています。

その壁を壊したい。

マイナーの選手たちには何度も返事をさせています。私が納得しなければ何度でも。当然繰り返せば、全員で大きな返事ができます。

ここを一発で決めたい。

きっと恥ずかしいと思うんです。野球の場(スポーツの場?)でなければそんな大きな声で返事をすることなんてないですからね。でもそれができた時にきっと選手の中でスイッチが入ると思うんです。

今はまだ言わされている段階だと思います。でもそれが当たり前にできる選手に、そしてチームに。

羽ばたけ、ペガサス!

もういっちょ!
申し訳ない!