磨く。

101練習風景Leave a Comment

日曜日の練習試合、エイターズさんとは5イニング制で2試合行われ1勝1敗という結果だったそうです。そして今週末も来週末も練習試合が決まりました。これも今年の成績が影響しているのでしょうか。

 

広場での練習組は、色々と新しいチャレンジを。

ハルキのバッティングピッチャーに、ショウタのキャッチャー。

 

特にショウタ、この日は他の4年生が練習試合に行ったのにショウタは練習組でした。そのことを果たしてショウタがどう考えたか。最近、触れることの多い田道小4年男子組ですが、練習試合組だったコウセイとゴウタロウが、これで一歩リード、とか思っていたとしたらそれは大きな間違いだし、練習組だったショウタがこの日をひとつのターニングポイントしてより熱心に野球に取り組んでもらえればとても嬉しいです。

 

今は残念ながら武器と言えるものが何もない4年男子、例えば同じ学年のトモヨを考えた時に、トモヨには足の速さ、という明確な武器があります。どこを磨いてどうアピールしていくか、そういうことをきちんと整理してみてください。そういうことを考えて行動していかないと、ソラやハルキがそのチャンスを奪っていってしまうぞ。

二度目のご指導。
練習納め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です