復習。

1012016年に向けてLeave a Comment

ナガセケンコー杯、一回戦。

初回の攻撃。先頭のテルが四球を選び、盗塁。続くジュンセイがしぶといバッティングで内野安打。攻撃としては絶好のスタート。しかしその後のプレーでジュンセイがアウトになります。勉強になったプレーですが、あの時、ジュンセイに気の緩みはなかったか。

あと一歩のリード。

スタート。

全力で走る。

これって今、ペガサスでは結構な時間を使って練習を繰り返していることだよね。でもランナー1.3塁という場面での1塁ランナー、ジュンセイに、盗塁してもアウトになるわけない、という油断はなかっただろうか。その油断が普段の練習を意味のないことにしてしまいます。

1死3塁から続くキョウタは四球を選び、1死1.3塁。4番のナオキはレフトへのライナー、レフトが捕球できず、テルが生還、したものの、今度は1塁走者のキョウタがセカンドで封殺。キョウタの打球を見ている位置も少し消極的だったけど、レフトが落としたのを見ても走り出そうとできなかったこと、あれは最上級生としては猛省しないといけないことです。

結局、4番までが全員出塁しているのにも関わらず、1点は取ったもののツーアウトを与えてしまいました。本当ならビッグイニングになっていたかもしれないのに・・・。ということを言ってもしょうがないけれど、やるべきことがしっかりできていたら追加点が取れていたわけです。

おそらくジュンセイに油断があったとしたら、次は同じ油断はしないでしょう。

キョウタもどうすればよかったのか今では分かっていると思います。

この二人は同じ失敗はしないと信じています。

ただ、それを見ていた他の選手たちがあの場面をどこまで自分の身として考えることができたかも大切なことです。誰かの失敗はチーム全員の学習の材料、成長の材料にしないといけません。自分がやったことじゃない、と思ったらそれまで。全員が同じような場面を経験します。その時に同じ失敗をしないためにもしっかりとあの場面を復習しておきましょう。

得ること。
ダービー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です