王座決定戦!

1012016試合結果ALeave a Comment

というわけで誕生日ブログが2日続きましたが、目黒ペガサス、日曜日に行われた防犯大会王座決定戦に勝利しこれで実質目黒区の頂点に立つことができました。黒澤代表、選手のみんな、監督コーチ、父母の皆様、おめでとうございます。

ペ 001 241 | 8
ク 000 030 | 3

というスコア、点差は開いているように見えますが、クラウンズは今年関東大会にも出場するチーム。残り2イニングの追い上げにはハラハラしました。5回表が終わって7点差。選手たちには言いませんでしたが裏の攻撃を0に抑えればそのままゲームセット、しかし当然クラウンズもそう簡単に勝たせてくれません。好投を続けてきたイチゴに若干疲れが見え始め、ボールが捉えられるようになり3点を返され、最終回も必死の継投も満塁のピンチ。最後はレフトフライからタッチアップしたランナーを狭殺で刺しゲームセット。

4回まで抑えてくれたイチゴは当然素晴らしかったですが、イチゴにはそれくらいしてもらって当然という評価もありますので、この試合に関してはテルとトモヨをクローズアップしましょう。王座決定戦というプレッシャーのかかる試合、先制したチームが試合運びを有利にできる中、ペガサスは初回2回と三者凡退。3回もツーアウトまで来たところで9番のトモヨがセンター前ヒットからの盗塁、そして1番打者のテルがタイムリーでトモヨを返し、この二人で先制できたことは意味は大きかった。

テルは2安打、トモヨも1安打を含む2つの出塁

特にトモヨが最終回にもぎ取った追加点。パスボールに対して頭から滑り込んでホームイン。このガッツをみならえ、男子たち!

防犯大会目黒署管内の決勝に続き、ナオキもツゲも駆けつけてくれて、今年のペガサスの現段階でのベストメンバーで戦うことができ、そして王座というビッグタイトルを獲られたことは本当に良かったです。応援にきてくれたナオキのお父さんにもペガサスの成長した姿と最高の結果を見せることができてよかったです。

6年生が全員そろっての試合はこれが最後という噂もありますが、もしまたこのメンバーで戦うことができれば幸せなことですし、それが無理でも残されたメンバーが優勝のタイトルに恥じない戦い方をしてくれればそれも幸せなことです。

おめでとう!ペガサス!

勢い。
リーグ戦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です