オーバーラン。

101雑感Leave a Comment

土曜日は久々に他区との試合、城北大会です。

 

目黒区内の試合は残りはリーグ戦、ボーイズ戦(日曜日)とイーグルス戦、泣いても笑ってもこの2試合なので、この城北大会と来月のセガサミー大会でどこまで勝ち進めるかで今年の残り試合が決まります。

 

ここからの今シーズンの数試合、急にすごい打てるようにはならないだろうし、いきなり球速が5km/hアップ!なんてことも無理だし、守備がうまくなるわけでもないし、

(と、これはあまりネガティブな意味で言っているわけじゃなく、いきなり先週より別人のように上手くなることはありえないでしょ、って話です。)

背伸びをしてもしょうがないのですが、走塁だけは卒団まで、5年生以下は今季最後の試合までもっとレベルアップできると思っています。

 

 

イーグルス戦、ソラが2本ヒットを打ちました。

 

1本目は右中間、2本目はライトを超す当たり

 

が、2本ともソラがセカンドを狙うそぶりがありませんでした。映像を見てもオーバーランなのか駆け抜けなのかよく分からない走路。家に帰ってからどういうことなのか聞いてみたら、

 

「ツーアウトだったし無理する場面じゃないと思った。」

 

と答えました。確かに無理をしてセカンドでアウトになるのは間違いです。ただ最初から自分で単打と決めつけた走塁は大間違いです。そのあたりの賢くなさは今年でサヨナラしないといけないと思っていますが、ライト方向への打球に関してはある程度バッターの判断が必要になってきます。

 

 

打った!ライト前ヒットだ!オーバーラン

 

これは100点満点の答えではない。

 

内野を抜けたらオーバーラン、というわけでもない。

 

なんで?

 

 

いずれにしても全力で一塁に向かう、これは絶対におろそかにしてはいけないこと。ゴロだってフライだってそう。

安全に一塁に到達できると判断したらしっかりとオーバーラン、もちろん全力疾走。

 

 

で、オーバーランってなんのためにするのか。

打った後に1塁に行くのは何も考えなくたってもうみんなできることだけど、1塁への行き方、そういうことを本当に理解していればまた変わってくると思います。

壁。
怪我をしてからでは遅い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です