2017年。

1012017年に向けてLeave a Comment

Aチームの試合はまだ続きますが、同時に考えていかないといけないのは来年のAチームです。来月も中旬を過ぎれば完全に新チーム主体の練習になっていることでしょう。

 

碑文谷クラウンズとの練習試合後、5年生以下に言いました。厳しい言葉にはなってしまったけれど、

「勝つことを目標にしていいレベルではない」

と。今のままで勝とうだなんてムシが良すぎるでしょ、という意味です。今年のペガサスはリーグ戦7勝7敗で終わりました。では単純な話、今年のチームと来年のチームを比較した時に7勝できるレベルにあるでしょうか。7勝以上狙えるレベルにあるでしょうか。もちろん可能性はゼロではないですが、

 

・現状での選手技術レベル
・現状での野球の理解度
(このあたりは別途アップします。)
・選手の学年構成

 

戦う前から諦めているわけではなく、冷静に考えて   今のままであれば    厳しいでしょう。

 

強くなりたい、勝ちたい

 

そういう目標を立てたとします。それでは漠然としすぎていますので今年の7勝は最低ライン、7勝以上できるチームになりたい、と仮にそれを来年のチームの目標にしたとします。できないことではありません。できないことではありませんが、実現できるようにするためにはどのような時間、どのような練習を過ごすことになるか、きちんとそこまで考えてみましょう。

 

以前も書いているかと思いますが、勝ちたい、強くなりたい、なら覚悟が必要です。今年の6年生は【優勝】という目標があって厳しい練習に耐えてきました。何度も何度も叱られました。でも優勝したいならそれは当然のことです。シーズン前にその覚悟を確認し、結果的には防犯大会、王座決定戦とタイトルを手中に収めました。

 

トモヨ、ゴウタロウ、コウタロウは今年のその6年生が過ごしてきた時間を最上級生になる来年の自分たちの身に置き換えて想像できるだろうか。

 

明日に続く。

共同作業。
想像してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です