スワローズジュニア。

101雑感Leave a Comment

さてさて、誕生日ブログが続きましたが、今週の火曜日、トモヨとソラはスワローズジュニアのセレクションを受けに埼玉県戸田市まで行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

500人の少年少女野球選手から18人を選出するための1次試験。2人とも初めての経験です。会場につくと見たことのあるユニフォームを着た選手もいれば、茨城や栃木、静岡のユニフォームを着ている選手もいて、さすが12球団ジュニアのセレクション!という感じ。

 

 

 

 

 

 

始まる前の時間で、いつもはライバルですが目黒の他チームの選手とキャッチボールをして交流するソラとトモヨ。

 

ソラは投手、トモヨは野手で受けることになり、いざ始まると別行動になりましたが、ソラは50mのタイムを計って、ブルペンでピッチング。

 

 

プロ野球のキャンプさながらのブルペンでの投球で楽しそうでした。キャッチャーも同じくキャッチャーでセレクションを受けにきた小学生。当然出会って初めて組んだバッテリーでしたが、キャッチャーはキャッチャーでアピール。いい声を出してソラのボールを受けてくれました。

その後はトスバッティング。

ブルペンでの投球は10球程度、トスも10スイング程度、各自に与えられたチャンスはだいたいそれくらい。その短いチャンスでアピールしないと二次に進むことはできません。野手のノックを見ていたらマウンドのプレートに当たってボールの軌道が変わって捕れなかった選手がいました。残念だけど、そういう運もあるのでしょう。その一方で、小学生でここまでできるんだ、っていう守備の子が何人もいました。スローイングまでを考えた捕球、落としてしまってもリカバリーの速い選手、見ていて気持ち良かったです。

いつもと違う空気の中で野球をする。

ライバルも仲間も全国にうじゃうじゃいる。

こういう経験から刺激を受け、トモヨもソラも自分を見つめ直し、今まで以上に貪欲にボールを追いかけてくれれば受けにきた意味があったと思います。

募集。
夏の甲子園。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です