コウタロウ。

101誕生日Leave a Comment

今日はコウタロウの誕生日です。おめでとう、コウタロウ。

これが最後のコウタロウへの誕生日メッセージです。

ペガサスの選手では一番長い付き合いになりました。コウタロウが2年生の頃から。で、今、こうやって卒団間近のコウタロウとの時間を思い返してみると、良い意味でも悪い意味でもコウタロウはコウタロウのままでした。小さい身体でセンスは抜群、きっと昔から それなりに できてきたんだと思います。ソラのライバルでありながらもずっとコウタロウ推しだった私としてはなんとか それなりに からもうひとつ上、もうふたつ上のレベルを目指して野球の時間を積み重ねてもらえるように、そして、気持ちや行動の面でも上級生として振る舞いができるように、それはそれは時に厳しく、時に抱きしめながら伝えてきました。

でもコウタロウはきっとめんどくさいんだよね、そういうの(笑

コウタロウを決してけなしているわけではありません。これは教える側としてのジレンマです。コウタロウの良いところを伸ばそうとすればそれは好きなようにやらせておくしかありません。でも、コウタロウだけを好きにさせておくわけにもいかない、学童野球とは言えそれがチームという団体です。

どうしてもペガサスの環境ではちやほやされてしまう。
本人もそれが居心地がいいと分かってる。

でも、私は個人的にはコウタロウのその先の野球をずっと考えてきました。

 

野球は続けてくれるだろうと仮定、いや、断定して、ひとつ上のステージでコウタロウが歯を食いしばって野球を続けている姿はまだぼんやりとしています。コウタロウにとってはこれからの野球が本番、その時にきっと学童野球との違いにぶち当たるでしょう。ま、そのあたりは先に飛び込んで、今歯を食いしばって野球を続けてくれている兄貴が教えてくれるかもしれないけど、未だにもうちょっと鍛えておくべきだったかな、と思ったりもします。

いいプレーができた時は笑顔、すぐ調子に乗れる。でも、エラーしたり、凡退したら、ふてくされる。引きずる・・・。
ペガサスはそれでもコウタロウの輪ができました。
でも、これからはコウタロウが大人にならないといけない。

残りまだちょっとだけ一緒に過ごせる時間はありますが、そういう準備までして送り出してあげたいなとは思っています。

ちょっと前に何人かで焼肉を食べに行きました。

コウタロウの家の近所までみんなで行って、コウタロウが今度は田道のほうに帰ってきました。まだ帰りたくない。みんなもコウタロウと遊びたい。そういう仲間が築けたことはコウタロウにとっての宝です。イツキみたいにコウタロウを慕っているかわいい後輩もできました。コウタロウも仲間との残りの時間を大切にしてください。もちろんペガサスを卒団した後も仲間との繋がりを大切にしてください。

いつでも焼肉食べに行くからその先の野球の話を聞かせてください。

でもまず次の試合、勝とう。
まだペガサスで野球をやろう。

そして、今日は日馬コーチの誕生日でもあります。
日馬コーチおめでとうございます。
昨日は誕生日を迎える瞬間に同席できて幸せというほどのこともありませんでしたが、なんとなく良かったです。

いつも日馬園芸ありがとうございます。
来年はいよいよ最上級生選手の父親同士としても今まで以上に協力し合っていきましょう。あとはサウスポーの育成をよろしくお願いします。

ユウキ。
ヨウヘイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です