もがく。

1012018年 AチームLeave a Comment

年明けから4試合を消化、なかなか勝つことができません。
まだちょっと試合に挑むというチーム状態ではないのか・・・な、という印象です。

ヨウヘイに初戦以来の先発を託しました。

前回は1イニングだったので今回はまずは何点取られてもいいから2イニング投げきってこい、と。
結果は0回2/3で降板。先頭打者を三振でひとつアウトをとって、いけるか!と思いましたがそこから次のアウト、次の次のアウトが遠かった。

失点が増えていく中で2イニングの約束を守らせるべきなのか・・・。
変えてあげるべきなのか・・・。

悩みました。

ヨウヘイ自身、投球練習と実戦の違いに苦しんでいると思います。
変えてあげることは今後の逃げ道にもなってしまう。現段階で計算できる投手は2人しかいません。球数に関しては管理し、投手には無理をさせないつもりです。もちろん3枚目、4枚目のピッチャーを新5年生から育てないといけない。でも今のところは苦しくても投げる、ということは経験を積んでおいてもらいたい。

ヨウヘイには次の試合も投げてもらうつもりです。
なんとか小さくても自信に繋がるきっかけをつかんでもらいたいです。

『6年生に関しては結果』

横尾監督から受け継いだ言葉です。

そういう意味でまだ全然結果を出せていない二人の新6年生。焦って周りが見えなくなってしまう二人の新6年生。
これじゃ下級生だってどうしていいか分からないよね・・・。

荒れた船出にはなってしまっていますが目黒の開幕までには少しでも勝ということが意識できるレベルに持っていきたいと思います。

すごろく。
信頼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です